定期的に行われる鉄道のダイヤ改正

2年に1回ぐらいのペースで行われている鉄道のダイヤ改正ですが、ただ時間が多少変わるだけの場合もあれば、列車の種別が変わる場合もあります。中には停車駅が変更されることもあるのです。

ダイヤ改正で便利になる場合と不便になる場合がある

日本にあるいろいろな鉄道会社が、約2年に1回ぐらいのペースで行っていることがダイヤ改正です。このダイヤ改正をすることで、今までよりも便利になる区間や路線もあれば、逆に不便になってしまうケースもあります。

基本的に便利になるところは、特急などの優等列車がたくさん停車する大きな駅を利用する人でしょう。逆に列車の本数が少ない場合、時間帯がずれてしまうことで、通勤時間や通学時間をずらさなければいけなくなることもあるのです。

もちろん通勤時間や通学時間を変えることで、便利になるケースもあるのですが、便利に感じる人もいれば、不便に感じる人もいます。首都圏であれば列車の本数が多いので、ダイヤ改正をしてもそれほど不便に感じるという人はいないでしょう。

ダイヤ改正で大きく変わってしまうこともある

ダイヤ改正で大きく変わってしまうのは、時刻だけではありません。場合によっては優等列車の数が増えることもありますし、逆に減ってしまうこともあるでしょう。今までは通勤急行が通っていたのに、ダイヤ改正で廃止になり、各駅停車で通勤しなければいけなくなるという人もいるのです。

反対に優等列車が増えることもあります。今までは準急で通勤していたので、かなり時間がかかってしまったけれど、今度のダイヤ改正で快速急行が誕生し、今までより遅くまで寝ていられるようになったという人もいるでしょう。

このように列車種別が変わってしまうこともあります。また、地方では過疎化が進んでいることもあり、列車の本数自体が減ってしまうことも珍しくはありません。首都圏ではより便利になるように、列車の本数が増えることもあります。特に始発を早くして、終電を遅くするというダイヤ改正も多くなっているのです。

ダイヤ改正では通過駅が停車駅になる

ダイヤ改正では、今まで通過していた駅が停車駅になるケースがあります。逆に停車駅が通過駅になるケースは殆どありません。通過していた駅周辺に住んでいる人は、かなり便利になるでしょう。